PA Games - Taco(仮)
スーファミソフト開発計画

デジゲー博 E-11a

スーパーファミコンというゲーム機があります。改めてここで説明する必要もないかと思いますが、90年代前半に一時代を築いたハードであり、当時子供だった私にとっても思い出の一部……いや、結構な部分を占めます。
さて、このスーパーファミコン用のソフトを自作できないか? と思い立ったのが2015年。プログラミング自体の知識はありましたが、何せ相手は25年前のハードで、仕様非公開の完全クローズド。慎重にならざるを得ません。数か月ほど技術的な調査をし、さらに資金面も勘案し、結論に達します。
スーパーファミコン用ソフトの自作は可能か?
→ YES、可能である。
本当に?
ええ最初は無謀だと思って、Hello World程度でやめようと思っていたんですが、コードを触っているうちに「これはいけるぞ」という確信を持ってしまい、持ったからにはやるしかなくなってしまいました。
そんな経緯で開発しているのがこの「Taco(仮)」です。ええ、なんとまだ作っているんですよ。しかし、既に大方のハードルは越えてゴールが見えてきました。ここに、その現状を公開しておきます。
Update: 2018-10-04

ゲーム紹介

アクション Taco(仮) 4M PA Games
発売日 未定
未定
―――

魚を取り戻せ!

主人公は月からやって来た「タコ」の少女。UFOの燃料である魚を猫に奪われ、月に帰れなくなってしまったようだ。ステージ中をうろついている猫に体当たりをすると魚を落とすので、すかさず回収してUFOのところまで持っていこう。魚をくわえている状態の猫には触れても大丈夫だが、魚を奪われると怒って襲いかかってくる。怒った猫に触れると自分が持っている魚を落としてしまうぞ。

SS-2
↑UFOで次の面へ
SS-1
↑体当たりで攻撃!
SS-4
↑怒ったぞ!
SS-3
↑夕暮の都会を行く
ゲーム
通信簿
キャラクタ 音楽 操作性 熱中度 お買得度 オリジナリティ 総合

動画/SS


screenshot 1 screenshot 2
screenshot 3 screenshot 4
real console

クレジット

PA Games

グラフィックデザイン(Graphic design) - Yuta Toyoi

音楽(Music and sounds) - Yuji Ninomiya

プログラム(Programming) - Satoshi Ueyama

リンク